さくらんぼ狩りバスツアーならココが私のお勧めです。-クラブツーリズムのバスツアーで後悔?…予約前に知っておくべき注意点!

[さくらんぼ狩り]バスツアーでおすすめのクラブツーリズム

こんにちは、わたくし “さくらんぼ” が大好き!

冬が終わって暖かい季節が始まり、太陽の光が初夏の訪れを告げ、緑が色濃くなり、4月になると“さくらんぼ”が美味しく色付いてきます。

そして5月に季節が移れば初夏の空気も漂い始め、この時期になると、私は毎年「さくらんぼ狩りバスツアー」に行くんですよ。

大好きな“さくらんぼ”は期間限定の果物ですので、旬であるときに、気軽な気分で参加できる日帰りバスツアーを利用し、めいっぱい堪能するというわけです!

「さくらんぼ狩りバスツアー」は、さまざまな会社が企画していてプランの内容も千差万別。

どこの「さくらんぼ狩りバスツアー」がいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私がいつもお世話になっている「さくらんぼ狩りバスツアー」の中からおすすめのツアープランを紹介させていただきますね。

“さくらんぼ”の豆知識

おすすめの「さくらんぼ狩りバスツアー」をご紹介する前に、まず“さくらんぼ”についての基礎知識から始めます。

せっかくさくらんぼ狩りに出かけるのであれば、少しでも知識があったほうが、より楽しめますからね!


“さくらんぼ”の品種

■佐藤錦(さとうにしき)

高級さくらんぼの代名詞と言えば『佐藤錦』というくらい、超有名な品種です。

ナポレオンと黄玉という品種を掛け合わせてできたもので、生みの親である佐藤栄助さんの名前をとって命名されました。

栽培が非常に困難で、デリケートな品種としても知られています。

そんな高級な“さくらんぼ”を一番おいしく食べるんだったら、もちろん採りたて。

収穫されてから、日にちが経てば経つほど甘み・うまみが落ちてしまうので、さくらんぼ狩りは佐藤錦を最もおいしく食べることができる大チャンスです。


■正光錦(せいこうにしき)

香夏錦という品種が、自然交雑実生として誕生したのが『正光錦』です。

高級なさくらんぼである佐藤錦の孫にあたる品種と言われています。

佐藤錦と比べると少し小粒ですが、早生のため佐藤錦より一足早く収穫可能になります。

糖度は20弱と非常に甘く、酸味もほどよくメリハリのある味です。


■紅秀峰(べにしゅうほう)

最近、人気急上昇の品種が『紅秀峰』。

粒は佐藤錦より一回り大きい、食べごたえもたっぷり。

ルビー色をした佐藤錦に比べ、もっと深い紅色で上品です。

味はとっても濃厚で、深い甘みが舌に広がります。

スーパーなどではめったに見られないので、さくらんぼ狩りで運よく食べらることができれば超ラッキー!

ただし、紅秀峰は収穫時期が短いため、「「さくらんぼ狩りバスツアー」でうまく予定が組めることを祈りましょう…。


おいしい“さくらんぼ”の見分けかた

「さくらんぼ狩りバスツアー」は基本的に食べ放題ですが、きちんとおいしい“さくらんぼ”を見極めて、良いものをたくさん食べましょう。

まず、色が黒ずんでいるものはNG。

おいしい“さくらんぼ”の見た目は、果皮がツヤツヤしてハリがあります。

そして、軸の部分が青々としてるものを選びましょう。

それが、鮮度の高い“さくらんぼ”というサインです!


おいしさの罠!“さくらんぼ”の食べ過ぎに注意

5月から6月にかけて、真っ赤で小さくかわいらしい実をつける“さくらんぼ”。

この時期に合わせてさくらんぼ狩りを目的としたバスツアーも盛り上がってきます。

サイズ的にも口に入れて食べやすいため、つい何個もパクパク食べてしまう人が多いはず。

しかし、食べ過ぎには注意が必要なんです。

なぜなら、食べ過ぎると下痢を引き起こす可能性がある!…からなんです。

“さくらんぼ”に含まれている『ソルビトール』は糖アルコールの一種で、キシリトールやグリセリンと同様、人工甘味料としていろいろな食品に用いられています。

ソルビトールには、便に水分を含ませたり、腸内に刺激を与え動きを活発化させる作用があります。

つまり便秘解消に効果的で、医療の現場では排便を促す天然の下剤成分として使われるほど。

そのため、“さくらんぼ”を安易に食べ過ぎると下痢を引き起こす可能性があるというわけです。

では、どのくらいの量を食べると、下痢を引き起こしてしまうのでしょうか?

便秘の人は、ソルビトールを20gほど摂取すると、下剤と同じような効果が得られることがわかっています。

そして、さくらんぼ100gには約4.6gのソルビトールが含まれています。

20gのソルビートルであれば約800g……個数にして【約100粒】の“さくらんぼ”!

日常生活でこれほどの量を食べることは滅多にないと思いますが、さくらんぼ狩りに行った時には、ついつい食べ過ぎてしまうので、しっかり頭にいれておいてくださいね。

「さくらんぼ狩りバスツアー」の魅力

さくらんぼ狩りが楽しめる日帰りのバスツアーの多くの場合では、さくらんぼ狩り以外にも現地のグルメを味わったり観光地を訪れたりして、1日を満喫できる充実したプランが用意されています。

例えば…、さくらんぼ狩りでビタミン豊富な“さくらんぼ”を堪能しつつ、観光スポットとして人気の高い近くの牧場や神秘的な佇まいの神社などを訪れて、自然の澄んだ空気を体いっぱいに感じて気分までリフレッシュできるプラン、など。

日常でなんとなく体力不足を感じている人は、こういう機会に自然の中を歩いて体を動かすことで、効率的に・効果的に運動不足の解消を行えます。


また、日々の仕事やプライベートで忙しいという人にオススメなのが、甘酸っぱい“さくらんぼ”で元気を補充して、ついでに温泉に入って疲れた体を癒すツアー。

心身ともにゆったりとリラックスできて、溜まった疲れもリセットすることができるので、翌日からまた元気に頑張れますよね。


さらに、ワイナリーへの見学コースがついたさくらんぼ狩りの日帰りバスツアーもあるので、お酒が好きな人は美味しい“さくらんぼ”に舌鼓を打ちながら、ワインを試飲するという楽しみかたもできちゃいます。


私みたいに食べることが大好きなら、“さくらんぼ”だけでなくブルーベリーやメロンなどの果物も一緒にで味わうことができるコースもあります。

現地で人気の食材やスイーツも満喫できるような内容のプランも人気なので、女性の仲良しグループやファミリーでも楽しく利用できますよ。


日帰りのさくらんぼ狩りバスツアーといっても、日中だけの楽しんで終わり!……ではありません。

中には、夜空を飛んでいくホタルを観賞できる内容などが、プランに組み込まれているものもあります。

やりたいことや自分の好みに合わせて、プランの内容を自由に選べるのがバスツアーの何よりもの魅力ですね。

「さくらんぼ狩りバスツアー」ならクラブツーリズムがおすすめ!

「さくらんぼ狩りバスツアー」なら、私も毎年お世話になっているクラブツーリズムさんをおすすめしますよ。

クラブツーリズムの凄いところは、【“さくらんぼ”の品種別に合わせてのツアーが組まれている】ということなんです。

“さくらんぼ”は品種によって収穫の時期が異なるので、普通の果物より長く「さくらんぼ狩り」を楽しむことができます。

とにかく“さくらんぼ”の味をたくさん楽しみたい私は、この点に納得してクラブツーリズムを選んだのです。

“さくらんぼ”の旬である5月、6月、7月、8月は、ドキドキ・ウキウキ・ワクワク!

摘みたての味は、もう最高!!!

旬を味わう喜びに勝るものは、ありません。

それではここから、私がいつもお世話になっているクラブツーリズムの、さくらんぼ狩りバスツアーのツアープランをいくつかご紹介しますね。

おすすめの「さくらんぼ狩りバスツアー」

【トイレ付きバス!4食付!佐藤錦限定山形サクランボ狩り 遠刈田温泉 2日間】

旅行代金:22,900 円 ~ 31,900 円
日程:1泊2日

【1日目】
新宿発 9:10

上野発 10:00

昼食(選べる駅弁)

蔵王酪農センター 滞在40分
-バラ園を見学
-お土産タイム


宮城蔵王ロイヤルホテル 宿泊
-遠刈田温泉
-夕食(バイキング60分)
▼土地に残る蟹と鰻の領域争いの伝説“不動滝の決戦”にちなんで名付けられた「不動の湯」を堪能できる『遠刈田温泉』。


【2日目】
ホテル発

蔵王エコーライン・ハイライン(爽快ドライブ)

蔵王・お釜 見物30分

猿倉 昼食(山形名物芋煮鍋食べ放題40分)

上山・マルホ観光果樹園
-さくらんぼ狩り食べ放題 30分
-お土産タイム 20分


高畠ワイナリー
-見学・試飲 30分

上野着 19:30予定

新宿着 20:20予定


このツアーのポイント

この「さくらんぼ狩りバスツアー」は、全体的に昼食や夕食でバイキングが楽しめるので、“さくらんぼ”だけでなく、たくさんいろいろなものを食べたい人にお勧めします。

トイレ付きバスで移動なので、食べ過ぎても安心です。

ツアーの最後で少しワインも楽しめるため、お酒が好きだと一層楽しめますよ。

そのぶん観光は軽い感じになっているので、さくらんぼ狩りでしっかり体力温存できるプランになっています。

【良縁祈願!月に一度の満月の夜に… 熊野大社で縁結び祈願祭「月結び」と三羽のうさぎ&佐藤錦限定!山形サクランボ狩り2日間】<足元ゆったりシートバス>

旅行代金:23,900 円 ~ 23,900 円
日程:1泊2日

【1日目】
新宿発 12:30

南陽・熊野大社 90分
-月に一度の祈願祭『月結び』へ
▼東北の伊勢と言われる縁結びのご利益で有名な荘厳な神社。

▼月結び参列者限定のおまもり「たまゆら守」がもらえます♪


山形七日町ワシントンホテル 宿泊
-ヒノキの香りが漂う男女別浴場アリ


【2日目】
ホテル発

宝珠山・立石寺 70分
-奥の院へ参拝
▼悪縁を断つご利益があると言われる寺院。


上山・マルホ観光果樹園
-さくらんぼ狩り(佐藤錦限定)30分

高畠ワイナリー 20分
-地元ワイン飲み比べ


新宿着 18:10予定


このツアーのポイント

山形で有名な神社・寺院2ヶ所を参拝できるので、カップル同士や新しい季節で心機一転したい人にお勧めします。

またツアーの最後にワイナリーにも立ち寄れるため、ワインが大好きな人にはぜひ注目してもらいたいプランです。

【チャツボミゴケ公園・白駒池・苔の森・蓼科大滝 大型バスでは行けない秘境とサクランボ狩り!天下の名湯!草津温泉 2日間】<ひとり旅>

旅行代金:45,900 円 ~ 45,900 円
日程:1泊2日

【1日目】
上野発 7:00

新宿発 7:50

諏訪

昼食(海鮮弁当)

蓼科大滝 自由散策30分

八千穂高原・苔の森
白駒の池 自由散策60分


佐久

ホテルヴィレッジ 宿泊
-草津温泉
-夕食(寿司やカニが楽しめる贅沢バイキング90分)


【2日目】
ホテル発(小型バス乗り換え)

チャツボミゴケ公園 自由散策60分
▼国の天然記念物でラムサール条約に登録の秘境。


野反湖 50分
▼標高1500m・高山植物の楽園


(大型バス乗り換え)

浅間酒造 20分
-お土産タイム

昼食(上州牛すき焼き弁当)

沼田
-さくらんぼ狩り食べ放題 30分
▼佐藤錦・紅秀峰・正光錦など…。


新宿着 17:50予定


このツアーのポイント

醍醐味のさくらんぼ狩りがツアーの終盤に組み込まれているので、それまでは天然記念物の観光を存分に楽しめる企画内容です。

何より草津温泉を堪能できるのがポイント。

泉質は1円玉を1週間で溶かしてしまうほどの強酸性で、強い殺菌力で細菌や雑菌を消滅させます。

神経痛や関節痛、冷え性や消化器病など多方面にアプローチし、疲労回復や健康増進効果もあり、翌日のさくらんぼ狩りに万全の準備を整えましょう。

まとめ

4月1日に新元号「令和」が発表されましたが、まだまだ寒い時期が続いています。

それなのに私はもう“さくらんぼ”のことばっかり考えていますよ!

今年はどんなプランのさくらんぼ狩りを楽しもうかな?

“さくらんぼ”を食べに行きたいけど、どうしようか迷っているそこのアナタ!

クラブツーリズムさんのバスツアーの中から「さくらんぼ狩り」で検索して、どうぞ楽しい時間を満喫してきてください♪


クラブツーリズムの詳細はコチラ


■LINK■